EU Universal [5319273] : [Anthology 1975 – 1984]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. 16th Century Greensleeves
  2. The Temple Of The King
  3. Man On The Silver Mountain
  4. Tarot Woman
  5. A Light In The Black
  6. Stargazer
  7. Catch The Rainbow (Live)
  8. Kill The King (Live)
  9. Gates Of Babylon
  10. Lady Of The Lake
  11. L.A. Connection

Disc 2

  1. Eyes Of The World
  2. Since You Been Gone
  3. Lost In Hollywood
  4. Weiss Heim
  5. Will You Love Me Tomorrow (Live)
  6. I Surrender
  7. Vielleicht Das Nächste Mal (Maybe Next Time)
  8. Jealous Lover
  9. Stone Cold
  10. Death Alley Driver
  11. Eyes Of Fire
  12. Can’t Let You Go
  13. Street Of Dreams
  14. Snowman
  15. Stranded (Live)
  16. All Night Long (Live)

2009年にヨーロッパでリリースされた2枚組CD。1984年までのRainbowの楽曲をクロノジカルに収録しています。1枚もののベスト・アルバムではいま一つ物足りなかった選曲も、2枚組という事で誰からも文句の出ないものに……"Long Live Rock’n’Roll"はどこに入ってるのかな(汗 "Maybe Next Time"のドイツ語曲名もこちらではちゃんと"Vielleicht Das Nächste Mal"になっています。

当アルバムのポイントは"Will You Love Me Tomorrow (Live)"の収録。コージーとグラハムのラスト・ステージ、1980年8月16日のMonsters of Rockでのテイクですが、おそらく残されているフィルム音声がソースになっているようで、モノラル収録となっています。このフェスティバルで記録された音源、フィルム(そう、このステージはビデオ収録ではなく、映画のためにポリドールがフィルム撮影したものが映像記録となります)等は権利関係が難しいのか、素材が散逸しているのか、いっこうにまとまる気配がありませんので、こうして一部分でも登場してくれるのはありがたいところですが、やや不満が残るのも事実。Monsters of Rockを重視するならこれまで出て来ていないライン・ソースを使用するとか、"Will You Love Me Tomorrow"という曲を重視するなら、日本公演でトライされたというスタジオ録音、もしくは他公演の素材を探すという手もあったはずですが、一番お手軽な方法に落ち着いてしまった感があります。

そして、12インチ・シングルでリリースされていながら公式では未CD化だった"Stranded (Live)"と"All Night Long (Live)"が聴けるのもポイントとして良いでしょう。

ライナー・ノーツはJerry Bloom氏、マスタリングはAndy Pearce氏の名前がクレジットされています。


EU Universal [5896522] : [Introduction To Rainbow]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Temple Of The King
  2. Tarot Woman
  3. Stargazer
  4. Lady Of The Lake
  5. Eyes Of The World
  6. All Night Long
  7. Love’s No Friend
  8. Spotlight Kid
  9. Stone Cold
  10. Fire Dance
  11. Weiss Heim

2002年にUniversalよりリリースされたベスト・アルバム。Universalによるリマスター盤がリリースされた後なので、リマスタリングされた音源で収録されていると思われます。[The Very Best of Rainbow]との重複を避けるためか、選曲がややマニアックに感じる部分もありますが、両方聴くことでよりRainbowの"Introduction"になるのではないかと思います。……ならアルバム全部聴きゃ済む事じゃんというツッコミは無しの方向で(汗

当アルバムのポイントは"All Night Long"。1980年8月に行われたコージーとグラハムのラスト・ステージ、[Monsters Of Rock]のオムニバス・アルバムに使用されていたテイクを収録しています。ギターのダビングがあるとはいえ、この時期のラインナップによる貴重なライヴ・テイクが手軽に聴けるようになったのは喜ばしい事です。ただ、LPでは"All Night Long"終了後に演奏された"Blues"まで収録していたのに対し、こちらは"All Night Long"が終了するところまでで終わっているのが残念ポイント。

ライナー・ノーツを書いているのは"Classic Rock Magazine"の編集者のようですが、この年に出版された[Rainbow Rising – The Story Of Ritchie Blackmore’s Rainbow –]についても若干触れられています。


USA Polydor [3145376872] : [The Very Best Of Rainbow]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Man On The Silver Mountain
  2. Catch The Rainbow
  3. Starstruck
  4. Stargazer
  5. Kill The King
  6. Long Live Rock’n’Roll
  7. Gates Of Babylon
  8. Since You Been Gone
  9. All Night Long
  10. I Surrender
  11. Can’t Happen Here
  12. Jealous Lover
  13. Stone Cold
  14. Power
  15. Can’t Let You Go
  16. Street Of Dreams

1997年7月にリリースされた、Rainbowのベスト・アルバム。"Masterd by Steve Fallone at PolyGram Studios"とのクレジットがありますが、いわゆる「リマスタリング」が施されているかどうかはよくわかりません。1999年にワールドワイドで行われたリマスターはUniversalにレーベルを移してのものでしたから、まだPolydorだった当時のアルバムでリマスタリングが行われていたかどうかについては少々疑問が残ります。発売当時は前述のクレジットを指して「リマスタリング」ということが喧伝されたりもしましたが、個人的には音質を見直す類いの「リマスタリング」は行われていなかったのではないかというのが結論です。

各アルバムから2、3曲づつセレクトされた選曲はそれほどの違和感のある構成ではなく、ベスト・アルバムとしての役割を十全に果たしているといえます……アラブラも入れとい(以下略。ジャケットになっているリーフレットには、[Finyl Vinyl]についていたものと同様のバンドのファミリー・ツリー、各曲、収録アルバムについてのクレジット、More Black Than Purple誌の主宰、Jerry Bloom氏等の解説が掲載されています。


UK Polydor [2683078] : [Ritchie Blackmore’s Rainbow & Rainbow Rising]


ジャケット画像

1980年にイギリスでリリースされたリイシュー盤で、1stの[Ritchie Blackmore’s Rainbow]と、2ndの[Rainbow Rising]をカップリングした2枚組。当時、ミュージック・ライフとかヤング・ギターでも囲み記事で取り上げられていたので、ご記憶の方も多いと思います。

ジャケット画像

[Rainbow Rising]のレーベル。レコード番号はオリジナル・リリースのものです。ミックスも当初のアナログ盤のもので、"Tarot Woman"のギター・リフの入り方が遅くないパターン。

ジャケット画像

見開きの内側。各アルバムの裏ジャケットがくっついた感じ。実際手にすると妙です(^^;

ジャケット画像

[Ritchie Blackmore’s Rainbow]のレーベル。レコード番号はPolydorから出し直された時のもの。裏ジャケットも、歌詞に白い枠線がかぶっている方になっています。

ジャケット画像

裏ジャケット。[Ritchie Blackmore’s Rainbow]の表ジャケットになります。

ジャケット画像

見開きの表側。やっぱり変(^^;


JP Polydor MPZ 8139/40 : [The Best Of]


ジャケット画像

1980年、日本のみで企画された2枚組ベスト・アルバム。タイトルに「チェイス・ザ・レインボー」の副題がついています。これは、1976年の来日公演のライヴ・アルバムとして制作されていた、[On Stage]の当初の予告タイトルです。結局、ヨーロッパ・ツアーの音源も含む形での作品となり、タイトルも変更されてしまい、「チェイス・ザ・レインボー」は使われず、当ベスト・アルバムで副題として残るという経緯を辿りました。

ジャケット画像

Disc 1 Side A

  1. All Night Long
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Do You Close Your Eyes
  4. Lost In Hollywood
  5. Since You Been Gone

DIsc 1 Side B

  1. Stargazer
  2. Catch The Rainbow
  3. Kill The King

1枚目のレーベルと収録曲。"All Night Long"はイントロのギター・フレーズやグラハムのシャウトが一部使用されていないシングル・テイクです。

ジャケット画像

Disc 2 Side A

  1. 16th Century Greensleeves
  2. Still I’m Sad
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Eyes Of The World
  5. Starstruck

Disc 2 Side B

  1. A Light In The Black
  2. Mistreated

2枚目のレーベルと収録曲。最新アルバムからの選曲がやや多いような気もしますが、個人的にはジャケット・デザインを含め、お気に入りのレコードだったりします。

ジャケット画像


JP Polydor 38 MM 0114/15 : [The Best Of]


ジャケット画像

Disc 1 Side A

  1. All Night Long
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Lost In Hollywood
  4. Jealous Lover
  5. Long Live Rock’n’Roll

Disc 1 Side B

  1. Stargazer
  2. Kill The King
  3. A Light In The Black

ジャケット画像

Disc 2 Side A

  1. Since You Been Gone
  2. 16th Century Greensleeves
  3. Catch The Rainbow
  4. Eyes Of The World

Disc 2 Side B

  1. I Surrender
  2. Gates Of Babylon
  3. Can’t Happen Here
  4. Starstruck

1981年の暮れにリリースされた日本盤。イギリス盤のようなカスタム・レーベルは使用されず、シンプルな構成のパッケージとなっています。前年に日本企画の二枚組ベスト・アルバムがリリースされており、二年続けてのベスト・アルバムの発表に戸惑ったファンも多かったと思いますが、"Jealous Lover"の収録に採譜の紐を緩めたファンも、また多かったのではないでしょうか。

ジャケット画像


UK Polydor PODV 2 : [The Best Of]


ジャケット画像

1981年11月にイギリスでリリースされたベスト・アルバム。アメリカ盤はリリースされていません。同時期に旧カタログのシングルが何枚か再発されていたりする事から、おそらく[Difficult To Cure]アルバムやシングル[I Surrender]のヒットに合わせて企画されたものと思われます。ハード・ロックやヘヴィ・メタルのムードは極力抑えた、ヒット・アルバムを意識したと思われるジャケット・デザイン。

ジャケット画像

Disc 1 Side A

  1. All Night Long
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Lost In Hollywood
  4. Jealous Lover
  5. Long Live Rock’n’Roll

A面のレーベルと収録曲。"Jealous Lover"はアルバム初収録となります。

ジャケット画像

Disc 1 Side B

  1. Stargazer
  2. Kill The King
  3. A Light In The Black

B面のレーベルと収録曲。ロニー時代を凝縮した面と言えるでしょう。レーベルのデザインと、これほど乖離している内容もないかなと(汗

ジャケット画像

見開きの内側。ステージ・ショットやグループ・フォトがレイアウトされ、曲目と各種クレジットが掲載されています。インナー・スリーブは通常の白いもので、カスタム・インナーではありません。

ジャケット画像

Disc 2 Side A

  1. Since You Been Gone
  2. 16th Century Greensleeves
  3. Catch The Rainbow
  4. Eyes Of The World

C面のレーベルと収録曲。

ジャケット画像

Disc 2 Side B

  1. I Surrender
  2. Gates Of Babylon
  3. Can’t Happen Here
  4. Starstruck

D面のレーベルと収録曲。"Gates Of Babylon"を収録しているあたりは「わかっている」選曲と言えるでしょう。この時点でのコンピレーションとしては良くまとまったアルバムであると思います。

ジャケット画像