JP Universal UICY 76834 : [A Light In The Black]


ジャケット画像 ジャケット画像

2015年1月にリリースされた日本盤BOX。とは言っても、プレスやパッケージは輸入盤と同様のもの。日本側で製作されたブックレットには伊藤政則氏のライナーノーツと、オリジナル盤に添付されていたブックレット所載の解説の邦訳、歌詞と対訳が掲載されています。各曲の解説はオリジナル盤の記事を参照してください。


EU Universal [5348722] : [A Light In The Black]


ジャケット画像 ジャケット画像

2015年1月にリリースされたボックス・セットEU盤。未発表音源や公式初登場音源・映像が多数まとめられたコンピレーションになっています。収録内容は以下の通り。既発音源は末尾に収録作品を記し、初登場音源は太字にて記しています。

Disc 1

  1. Black Sheep Of The Family[Ritchie Blackmore’s Rainbow]
  2. 16th Century Greensleeves[Ritchie Blackmore’s Rainbow]
  3. Snake Charmer[Ritchie Blackmore’s Rainbow]
  4. Temple Of The King[Ritchie Blackmore’s Rainbow]
  5. Tarot Woman [Rough Mix][Rainbow Rising]
  6. Stargazer [Rough Mix][Rainbow Rising]
  7. Run With The Wolf [Rough Mix][Rainbow Rising]
  8. Mistreated [Live in Osaka 1976]
  9. Man On The Silver Mountain [Live in Osaka 1976]
Mistreated [Live in Osaka 1976]
Man On The Silver Mountain [Live in Osaka 1976]
1976年12月9日、大阪公演での演奏。2012年11月にリリースされた[On Stage]のデラックス・エディションでは、2枚目に収録された公式初出音源のクレジットとして、この「1976年12月9日」の日付が使われていましたが、実際に収録されたのは全て日本公演最終日であった武道館、12月16日の夜の部であり、いい加減なお仕事にキレていたものですが、ここでようやく実際の日付の音源が収録されました。で、なぜこの2曲なのか、なぜ"Stargazer"が見つかってないのか?どうせなら同様に収録されていたはずの12月8日のテープなどとともに全部を発掘してボックス・セットにしてくれたほうがこんなCD5枚組より嬉しかったりするわけなので早く出せやと(・∀・)

Disc 2

  1. Sensitive To Light [Rough Mix][Long Live Rock’n’Roll]
  2. The Shed (Subtle)[Long Live Rock’n’Roll]
  3. Rainbow Eyes[Long Live Rock’n’Roll]
  4. Jesu, Joy Of Man’s Desiring [Rehearsal, LA August 1977]
  5. Long Live Rock’n’Roll [Rehearsal, LA August 1977][Long Live Rock’n’Roll]
  6. Do You Close Your Eyes [Rehearsal, LA August 1977]
  7. Still I’m Sad – With Organ Intro [Rehearsal, LA August 1977]
  8. Gates Of Babylon[Long Live Rock’n’Roll]
  9. Catch The Rainbow [Live Koseinenkin, Osaka, Japan, 17 January 1978]
  10. Long Live Rock’n’Roll [Don Kirshner Rock Concert, NY, May 1978][Long Live Rock’n’Roll]
  11. L.A. Connection [Don Kirshner Rock Concert, NY, May 1978][Long Live Rock’n’Roll]
Jesu, Joy Of Man’s Desiring [Rehearsal, LA August 1977]
Do You Close Your Eyes [Rehearsal, LA August 1977]
Still I’m Sad – With Organ Intro [Rehearsal, LA August 1977]
2012年にリリースされた[Long Live Rock’n’Roll]のデラックス・エディションに収録されていたツアー・リハーサルの音源から新たに公式初登場となった部分。"Jesu, Joy Of Man’s Desiring"とタイトルがついているトラックは、"16th Century Greensleeves"の導入部として演奏されていたリッチーのソロ・パート部分のリハーサルですが、バッハの"Jesu, Joy Of Man’s Desiring"を演奏している部分は一秒としてありません。ここで演奏されている曲は同じバッハでもブランデンブルグ協奏曲第三番第三楽章であり、当トラックのタイトル・クレジットに製作者のなんらかの意図がない限り、ミス・クレジットと言っていいと思います。
Catch The Rainbow [Live Koseinenkin, Osaka, Japan, 17 January 1978]
2度目の来日公演となった1978年、1月17日の大阪公演での演奏で公式初登場音源となります。音源自体は以前から知られているもので、[On Tour 1978 – Starstruck -]をはじめ、[Steel Breeze][An die Freude – 歓喜の歌]などのアイテムが出回っています。オーディエンス収録らしからぬ音場、音像として知られていたものですが、今回の公式化にあたっても音源の詳細な素性は明らかになりませんでした。

Disc 3

  1. Eyes Of The World [Instrumental Outtake][Down To Earth]
  2. Ain’t A Lot Of Love In The Heart Of Me [Alternate Outtake][Down To Earth]
  3. Lost In Hollywood[Down To Earth]
  4. Danger Zone[Down To Earth]
  5. Since You Been Gone[Down To Earth]
  6. Bad Girl[Finyl Vinyl]
  7. Over The Rainbow – Eyes Of The World [Live In NY 1979]
  8. Love’s No Friend[Live In NY 1979]
  9. Beethoven: Ode To Joy [Live In NY 1979]
  10. All Night Long [Single Remix Version][The Rock Singer’s Anthology]
  11. Weiss Heim[Finyl Vinyl]
  12. Stargazer [Live At Castle Donington 1980]
Over The Rainbow – Eyes Of The World [Live In NY 1979]
Love’s No Friend[Live In NY 1979]
Beethoven: Ode To Joy [Live In NY 1979]
1979年、[Down To Earth]アルバムリリース直後に行われたアメリカ・ツアーより、終盤にあたる11月30日に行われたコンサートを収録した放送用音源がソースになっています。放送当時から有名な音源でアナログ盤[Roger’s Birthday Party]として登場して以来、アングラでは[Roger’s Birthday Party]として通じているものですが、今回初めて公式化されました。使用されているソースは近年になって出回るようになった、オープニングが「威風堂々第一番」から収録されているタイプです。放送用マスターか、発掘されたエア・チェック・テープかは決め手に欠けますが、音の割れ具合や音痩せのレベルなどからすると、放送用マスターではないような「気がします」。
Stargazer [Live At Castle Donington 1980]
オムニバス・アルバム、[Monsters Of Rock]で発表されて以来、実に35年ぶりに初CD化となったテイク。当時、同時に収録されていた"All Night Long"は2002年に[Introduction To Rainbow]というベスト・アルバムに収録されましたが、続けて収録されていた"Blues"はカットされていたので、Rainbowの伝説的ステージの一つであるドニントン音源については「オムニバス・アルバムに収録されていた音源のCD化」というハードルさえ未だにクリアされていないのでありました。こんなんでえぇのか?えぇのか?

Disc 4

  1. Midtown Tunnel Vision[Difficult To Cure]
  2. I Surrender[Difficult To Cure]
  3. Magic[Difficult To Cure]
  4. Vielleicht das Nächste Mal[Difficult To Cure]
  5. Jealous Lover[Finyl Vinyl]
  6. Spotlight Kid [Live at Hammersmith Odeon 1981]
  7. Rule Britannia – Fire [Live at Hammersmith Odeon 1981]
  8. Death Alley Driver[Straight Between The Eyes]
  9. Bring On The Night (Dream Chaser)[Straight Between The Eyes]
  10. Stone Cold[Straight Between The Eyes]
  11. Power [Live in Teaxas 1982][Finyl Vinyl]
  12. Miss Mistreated [Live in Teaxas 1982]
  13. Tearin’ Out My Heart [Live in Teaxas 1982][Finyl Vinyl]
Spotlight Kid [Live at Hammersmith Odeon 1981]
Rule Britannia – Fire [Live at Hammersmith Odeon 1981]
1981年、イギリス・ツアーの最終日となった7月27日のロンドン、ハマースミス公演で収録されたサウンドボード音源がソースとなっています。オーディエンス音源はアナログ盤[Can’t Happen Here]ですでに広く出回っていました。サウンドボード音源は[Fire]というアイテムでファンに知られるようになり、その後何度か出回りましたが、今回が初めての公式化となります。リッチーがカヴァーした"Fire"が聴けるのが貴重。
Miss Mistreated [Live in Teaxas 1982]
ビデオ作品[Live Between The Eyes]でお馴染みの演奏ですが、音声が単独で音盤化されるのは意外にも今回が初めてとなります。

Disc 5

  1. Can’t Let You Go[Bent Out Of Shape]
  2. Desperate Heart[Bent Out Of Shape]
  3. Anybody There [Outtake Polar Mix]
  4. Drinking With The Devil [Outtake]
  5. Make Your Move[Bent Out Of Shape]
  6. Snowman[Bent Out Of Shape]
  7. Street Of Dreams[Bent Out Of Shape]
  8. Stranded [Live Cardiff 1983]
  9. Power [Live Cardiff 1983]
  10. Fire Dance [Live Cardiff 1983]
  11. Fool For The Night [Live Tokyo 1984]
  12. Difficult To Cure [Live Tokyo 1984][Japan Tour ’84]
  13. Smoke On The Water [Live Tokyo 1984]
Anybody There [Outtake Polar Mix]
Drinking With The Devil [Outtake]
[Bent Out Of Shape]制作時のアウトテイク。ざっと聴いたところの印象では、"Anybody There"は別ミックスで、導入部が若干長くなっています。"Drinking With The Devil"はギター・ソロ前半部が異なっています。
Stranded [Live Cardiff 1983]
Power [Live Cardiff 1983]
1983年のイギリス・ツアーで残されたサウンドボード音源がソースとなっています。このツアーで残されたサウンドボード音源で有名なのはラジオで放送された[Captured Live!]として知られているカーディフでのステージですが、この2曲は同じカーディフでも初日となる9月14日の演奏で、この日のサウンドボード音源は公式・非公式を問わず完全初登場となります。「え?カーディフのラジオ音源て9月14日じゃないの?」と思われた方もおられると思いますが、確かに長年にわたってそう信じられてきました。しかし近年、放送用音源が存在するカーディフでの公演は2日目、9月15日というのが新たな見解となっています。詳細は[Definitive Cardiff 1983]の記事を参照してください。ということでこの2曲はかなり貴重なトラック。
Fire Dance [Live Cardiff 1983]
こちらは同じカーディフでも2日目、放送用音源が残されている9月15日のテイクですが、現在知られている放送用音源に、この曲は収録されたことは一度もなく、この曲を聴くためにはオーディエンス音源を探すしかありませんでしたが、今回の初登場により、2日目に演奏された全曲がサウンドボード音源で聴けるようになりました。ということでこちらも貴重なトラックとなります。
Fool For The Night [Live Tokyo 1984]
Smoke On The Water [Live Tokyo 1984]
Rainbowの最終公演となった1984年3月14日、日本武道館で行われたステージからのサウンドボード音源。ビデオ作品[Japan Tour ’84]からの音声ですが、音盤として公式にリリースされるのは今回が初めて。だ・か・ら、映像を再販せいとゆーておるのに。

DVD

Monsters Of Rock at Castle Donington 1980
DVDに収録されているのは、1980年にドニントンで行われたフェスティバル、モンスターズ・オブ・ロックに出演した時の模様を収めたフィルム映像。フェスティバルが行われた当時、イギリスのBBCが放送した編集版がソースになっています。おそらく、編集時にフィルムがズタズタになっていてサウンド・トラックも散逸、オムニバス・アルバムの制作でマルチ・トラックの音源もバラバラになってしまっていると思うので、個人的にはこれを完全版として再構築するのは時間もお金も運も(これが一番大事かも)大量に必要となると考えています。はっきり言って私が生きているうちにこのフェスティバルの音源、映像が公式に全編公開されることはないと思っていますが、50年後くらいに実現するといいなぁヽ(;▽;)ノ

以上、興味深いトラックが山盛りではありますが、それはあくまでもファンというかマニアというか信者というか、そーいう層にとってみれば、というハナシであって、そうでない方々にはRainbowの姿を捉えるためにはかなり偏りがちな選曲(だって"A Light In The Black"や"Kill The King"、"Can’t Happen Here"が入ってないんだぜ、ヲイ)だし、価格という高いカベがあるのがなんとも。このカベのおかげで、せっかく公式初登場となった幾つかのトラックやモンスターズ・オブ・ロックの映像がまたもやファンというか(以下略 の方々にしか広まらないのが一番残念。てことで、今回初めて公式化された音源は、それを含む全部の部分を改めて単独でそれぞれリリースすること。宿題ですぜ、メーカーさん(・∀・)

……あ、アレはちゃんと"Vielleicht das Nächste Mal"になっててホッとしてたりします。


EU Universal [600753544525] : [The Polydor Years]


ジャケット画像

2014年秋にリリースされた、Rainbowのスタジオ作品全作とライヴ・アルバム[On Stage]、計8作品のLPをまとめたアナログ盤BOXセット。近年、ユニバーサル・レーベルは、Back To Blackと題して自己のレーベル所属のアーティストのアナログ盤再発を力を入れて手がけており、Rainbowもその一環として8作品が再発され、それらをまとめたものがこのBOXセットになります。

ジャケット画像

背表紙。BOX表紙とともにシンプルで力強い印象。2010年頃にRainbowの一連のカタログをアナログ盤で再発していたBack on BlackレーベルのRock Classicsシリーズとはレーベル名やプロジェクト名で混同しやすいですが、両者は別物なので注意してください。

このBack To Blackシリーズの各アルバムには同内容のMP3ファイルをダウンロードできるコードが付いてくるのですが、このBOXにも同梱されています。てっきり各アルバムごとに8つのコードがあるのかと思っていましたが、BOXセットでまとめて一つのコードで全部の作品をまとめてダウンロードする仕組み。

ジャケット画像

BOXはブックシェルフタイプになっていて、このように引き出すようになっています。収録されているのは以下の作品。

  • Ritchie Blackmore’s Rainbow
  • Rainbow Rising
  • On Stage
  • Long Live Rock’n’Roll
  • Down To Earth
  • Difficult To Cure
  • Straight Between The Eyes
  • Bent Out Of Shape

それぞれのアルバムの使用ソースはPolydorがUniversalに吸収された時にリマスタリングされたデジタル音源をマスターにしていると思われます。[Difficult To Cure]のエンディングはイギリス盤のようなエンドレス処理はされていません。[Bent Out Of Shape]も、当時カセットのみでリリースされていた数曲で構成が異なるバージョンで、現在のデジタルマスターで標準となっている音源が用いられています。

ジャケットはそれぞれ発売時のスタイルに倣って製作されており、レーベルも昔のポリドールを思い起こさせるもの。[Difficult To Cure]や[Bent Out Of Shape]のジャケットはBack on Blackではイギリス盤に倣ったものになっていましたが、こちらはアメリカ盤に倣っており、タイトル文字の位置やジャケットの枠の色など、日本盤でもおなじみのデザインになっています。

各アルバムのオリジナル盤がカスタム・インナーだったものはそのインナーが復刻されていますが仕上がりがいま三つほど雑(汗。色がくすんでいたりのっぺりしていたり……。[Bent Out Of Shape]のインナー、リッチーのフォトはアメリカ盤仕様でした。ファーストや[Rainbow Rising]のインナーは通常の白い穴あきタイプです。BOX自体の解説書、リーフレットなどの類は何も添付されていません。なぜ[Finyl Vinyl]が再発されなかったのか、全部揃えて再発して欲しかったなと思う点は少々残念。

ジャケット画像


JP Universal UICY 5109/27 : [The Singles Box Set]


ジャケット画像 ジャケット画像

2014年3月に発売された日本仕様。EU盤ボックスそのままのパッケージに、EU盤添付のブックレットを邦訳した解説書と帯を付けてシュリンクをかけた体裁です。解説を日本語で読みたい向きはこちらの日本仕様をお勧めしますが金額的にキツイものはありますな(汗


EU Universal [600753460535] : [The Singles Box Set]


ジャケット画像

2014年2月に登場したボックス・セット。1975年の1stシングルから1986年の12インチまで、主なシングルやEPを紙ジャケットでパッケージした19枚組となっています。ハード・カバーで装丁された28ページ余のブックレットには豊富な写真とともに解説が掲載されています。収録されたカップリング、および使用されたスリーヴのリリース国(表/裏)は以下のとおりです。

  • Man On The Silver Mountain c/w Snake Charmer : Japan/Yugoslavia
  • Still I’m Sad c/w Temple Of The King : Italy
  • Man On The Silver Mountain, Snake Charmer c/w If You Don’t Like Rock’n’Roll, 16th Century Greensleeves : West Germany
  • Starstruck c/w Run With The Wolf : West Germany/Netherlands
  • Kill The King, Man On The Silver Mountain c/w Mistreated : UK
  • Long Live Rock’n’Roll c/w Sensitive To Light : UK (Reissue)/Japan
  • L.A. Connection c/w Lady Of The Lake : UK
  • Since You Been Gone c/w Bad Girl : UK/Japan
  • Since You Been Gone c/w No Time To Lose : Netherlands/West Germany
  • All Night Long c/w Weiss Heim : West Germany/Japan
  • I Surrender c/w Vielleicht Das Nähster Zeit (Maybe Next Time) : UK/Japan
  • Difficult To Cure, Can’t Happen Here c/w Jealous Lover : Netherlands
  • Magic c/w Freedom Fighter : Japan
  • Can’t Happen Here c/w Jealous Lover : UK/Japan
  • Stone Cold c/w Rock Fever : UK/Japan
  • Death Alley Driver c/w Tite Squeeze : Japan/Netherlands
  • Street Of Dreams c/w Anybody There?,Power (Live) : UK (12inch)/Japan
  • Can’t Let You Go c/w Stranded (Live), All Night Long (Live) : UK/Japan
  • Bad Girl c/w Spotlight Kid (Live), Man On The Silver Mountain (Live) : West Germany

"All Night Long"や"Can’t Happen Here"などのシングル独自のミックスがなされていた曲はちゃんとシングル・ミックスで収録されているものが多いのですが、UK盤EP[Live]に関してはアルバムのカットでマスタリングされたらしく、このEPでしか聴けなかったリッチーの手慣らし(コードをジャランとやってるやつ)は聴けません。また、"Maybe Next Time"のドイツ語クレジットは"Vielleicht Das Nähster Zeit"に戻っちゃってます。シングルのクレジットを尊重したということなのか、はたまたあちらのユニバーサルの中の人も何も考えてないアンポンタンだったのか、どなたか聞いといてくれませんかね(笑)

ジャケット画像


JP Toshiba EMI TOCP 67496 : [Power Rock Today 15Th Anniversary]


ジャケット画像 ジャケット画像

CD

  1. The Trooper (Iron Maiden
  2. Am I Evil?(Diamond Head)
  3. 747 (Strangers In The Night) (Saxon)
  4. Do You Close Your Eyes (Rainbow)
  5. Far Beyond The Sun (Yngwie J. Malmsteen)
  6. I Like To Rock (April Wine)
  7. Love Loaded (Wasted)
  8. Not Fakin’ It Michael Monroe)
  9. Crucify (The Almighty)
  10. Madhouse (Anthrax)
  11. Hollywood Tease (L.A. Guns)
  12. Love Kills (Vinnie VIncent Invasion)
  13. Love Song (Tesla)
  14. Get It On (Kingdom Come)
  15. Reign Of Love (Hurricane)
  16. Here I Go Again (Whitesnake)
  17. Captain Nemo (Original Mix) (The Michael Schenker Group)

DVD

  1. Women In Uniform (Iron Maiden)
  2. Rainbow In The Dark (Dio)
  3. Rock You Like A Hurricane (Scorpions)
  4. Out In The Fields (Gary Moore)
  5. Let it Rain (UFO)
  6. Dancer (The Michael Schenker Group)
  7. Silver And Gold (A.S.A.P.)
  8. Angel Eyes (Riot)
  9. Wake Up Dead (Megadeth)
  10. Silent Lucidity (Queensryche)
  11. Shake Me (Cinderella)
  12. Every Rose Has Its Thorn (Poison)
  13. Get The Funk Out (Extreme)
  14. Waterline (Dizzy Mizz Lizzy)
  15. Still Too Young To Remember (It BItes)
  16. TV Trimes (Black Sabbath)
  17. Street Of Dreams (Rainbow)

2004年11月25日にリリースされた、FM番組"Power Rock Today"の放送15周年を記念してリリースされた日本盤コンピレーション。当時聴くことが困難だった楽曲を収録したCDと、まとめて観る事が難しかったPVを収録したDVDの2枚組です。RainbowはCDに"Do You Close Your Eyes"、DVDに"Street Of Dreams"を収録。個人的にはIt BitesのPV目当てだったことはひみつだ(笑)


Germany Vertigo [8409742] : [The Rock Singer’s Anthology]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Only One Woman
  2. The Walls Fell Down
  3. To Love Somebody
  4. It’s All Over Now Baby Blue
  5. Will You Still Love Me Tomorrow?
  6. It Ain’t Easy
  7. Goodnight & Good Morning
  8. Warm Ride
  9. I’ll Be Your Baby Tonight
  10. Won’t You Join Me
  11. Is There A Way To Sing The Blues?
  12. All Night Long
  13. Since You’ve Been Gone
  14. Night Games
  15. Liar
  16. Be My Baby

1990年頃にリリースされた、グラハム・ボネットのアンソロジー・アルバム。彼がデビューしたThe Marblesのトラックから、Rainbow脱退後のソロ活動まで、幅広い期間から選曲されたナンバーをクロノジカルに並べています。ただ、ファースト・アルバムである[Graham Bonnet]をリリースしたRing O’Records時代の選曲が大半を占めている印象。Ring O’Recordsはリンゴ・スターが1975年に設立したレーベルで、配給はポリドールが行っていました。短期間のレーベルの活動中、アルバムは6枚しかリリースされておらず、リンゴ自身の作品も全くリリースされずに終わりました。その数少ないアルバムの一枚が、グラハムのファースト・アルバムだったわけですが、彼とリンゴは、リンゴがThe Beatlesに加入する以前にリバプールで活動していた時代からの顔見知りだったようです。当アンソロジー・アルバムにはソロ・アルバムの曲や、当時シングルのみでリリースされたアルバム未収録曲も収められています。

Rainbowは定番2曲のみ。"All Night Long"はシングル・ヴァージョンのミックスが用いられています。"Since You’ve Been Gone"はスペルが(以下略