EU UDR [5099973515500] : [The Beginning – Fun Package]


ジャケット画像 ジャケット画像

2012年12月にレーベルのサイトのみでリリースされた500セットの限定パッケージ。同名のボックス・セットに何点かのメモラビリアを同梱した、商魂の固まりみたいなセットです(笑)

ジャケット画像

ケースを開けたところ。上部に[The Beginning]の通常パッケージがまるごとゴロンと入っています。下部のケースにはBlackmore’s Nightのオフィシャル・サイトで販売しているたぐいのアクセサリーを収めた箱が入れられています。そして、これらの箱物の下に、"The Next Stage"とタイトルされた小冊子が収められています。このパッケージの発売時、"Gold Ticket"として、2013年に行われるBlackmore’s Nightのショウを希望する会場で観られるチケットが500セット中の3セットだか4セットだかに同梱されるという触れ込みでした。……当たんなかったですよ、ええ(・∀・)

ジャケット画像

小冊子"Next Stage"。Doc Calvinsonという人物が執筆した、Tom BadgerとMandy Lynの二人を主人公としたローディの物語……なのかな?ちゃんと読んでないんだけど、会話の多い物語仕立てみたいな作品です。ちゃんと読んでから改めて紹介したいと思いますので、しばしお待ちを(・∀・)


EU UDR [5099901777895] : [The Beginning]


ジャケット画像 ジャケット画像

2012年12月にリリースされたボックス・セット。結成当初、1997年から2000年にかけて残されたスタジオ作品とビデオ作品をまとめたコンピレーションとなります。フェルトの感触が高級感を出している上記画像のボックスの中に、2枚のCDと2枚のDVD、計4枚のディスクが収められています。内容は以下のとおり。

Shadow Of The Moon
ジャケット画像 ジャケット画像

1997年のファースト・アルバムです。デジパックのジャケットは当セットのみの紋章を使用したデザイン。使用マスターはおそらくMinstrell Hall盤と同様だと思います。

Under A Violet Moon
ジャケット画像 ジャケット画像

1999年にリリースされたセカンド・アルバムです。デジパックのジャケットは当セットのみの紋章を使用したデザイン。使用マスターはおそらくMinstrell Hall盤と同様だと思います。

Shadow Of The Moon : Live In Germany 1997 – 1998
ジャケット画像 ジャケット画像

VHSカセットのパッケージとして、限定ルートのみで入手可能だったライヴ・ドキュメンタリー作品の初DVD化。内容については紹介記事を参照してください。VHSよりも安定した画質、音質での視聴が可能となり、英語とはいえ字幕が用意されているので、リッチーやキャンディスのインタビュー等も理解がし易くなっています。

Under A Violet Moon : Castle Tour 2000
ジャケット画像 ジャケット画像

2002年にVHSパッケージが販売開始され、一時はamazon等でも取り扱われていたライヴ・ドキュメンタリー作品の初DVD化。内容については紹介記事を参照してください。VHSよりも安定した画質、音質での視聴が可能となり、英語とはいえ字幕が用意されているので、リッチーやキャンディスのインタビュー等も理解がし易くなっています。

やや入手がしづらかった初期スタジオ作品やビデオ作品をまとめて入手出来る、便利なパッケージ。デビューから15年以上経過したBlackmore’s Nightのスタート地点を改めて確認するには絶好のセットとなっています。


JP Yamaha YCSP 00066 : [V.A. / Yamaha Music Communications]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Tooth And Nail (Lynch Mob)
  2. All For One
  3. Get A Life (Ritchie Kotzen)
  4. Shine (Ritchie Kotzen)
  5. Writing On The Wall
  6. When Worlds Collide (John West)
  7. Scared Of You (Ritchie Kotzen)
  8. Crackster (Stevie Salas)
  9. That I Wish (Sixride)

たぶん2004年前後に配布されていたプロモーション盤。当時ヤマハに所属していたヘヴィ・メタル系アーティストの楽曲を収録したもの。なぜかリッチーでもコッツェンが3曲と一番多く入っている(笑)。どのナンバーも2分程度の抜粋で、完全に聴けるトラックはありません。これじゃラジオで流すわけにもいかんよな。てことでどういった方面に配布されたのか不明。

やはり、こうしてプロモーション盤を見ていると、日本でのBlackmore’s Nightのギョーカイでの扱いは、ヘヴィ・メタルの棚に載せて売ろうという硬直した宣伝展開だったことを改めて感じます。BMGもキャニオンも失敗してきた道をヤマハも辿っていたのだなぁと。違う傾向のアーティストやジャンルとして売るアタマはなかったというか、安直な仕事ばっかしてるから、CDが売れなくなるのも当たり前というか。的確なマーケティング(だいたい、音楽にンなもんはないと思ってるけど)さえ出来ねーんじゃこんな屑プロモばっかり作ったって意味ねーっつうの。あ、"Writing On The Wall"は[Past Times With Good Company]収録のライヴ・テイクです。


EU Minstrel Hall MHM 007 : [Beyond The Sunset]


ジャケット画像 ジャケット画像

SPVの倒産を受け、リッチーのプライベート・レーベルであるMinstrel Hallより出し直された再発盤。"Christmas Eve"のシングルは付属しない、通常盤の体裁でのリリースとなっています。DVDはNTSCなので国産プレーヤで視聴可能。Blackmore’s Nightの映像は未だにこのDVDを超える画質、内容のものが出て来てないように思えてなりません。当時の収録状況を考えると完全版は難しいかもしれませんが、なんとかして観てみたいところです。


EU Delta No Number : [The Best Of]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Way To Mandalay
  2. Under A Violet Moon
  3. Wish You Were Here
  4. Village On The Sand
  5. Written In The Stars
  6. Shadow Of The Moon
  7. Play Minstrel Play
  8. Spirit Of The Sea
  9. Castles And Dreams
  10. Praetorius (Courante)
  11. Be Mine Tonight
  12. Wind In The Willows
  13. Queen For A day (Part 2)
  14. Ivory Tower
  15. Magical World
  16. Ghost Of A Rose
  17. All Because Of You
  18. Greensleeves
  19. Now And Then

[Ghost Of A Rose]までのアルバムから選ばれているコンピレーションアルバム。アヤシげな音源は見当たらないものの、聞いたことのない名前のレーベルからリリースされており、流通も限られているようなので、おそらくパイレート盤とみてよいと思います。選曲も中途半端ですし、見かけても無視するのが吉。


Germany SPV No Number : [Through Time]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Trough Times Part I
  2. Mond Tanz
  3. Golden Hair
  4. Infinity Space
  5. Possum Goes To Prague
  6. Beyond The Sunset
  7. Trough Times Part II
  8. Durch Den Wald Zum Bach Haus
  9. Praetorius (Courante)
  10. Minstrel Hall
  11. Trough Times Part III
  12. Fayre Thee Well
  13. Memmingen

プレスCDで、SPVよりのリリースを装っていますが、おそらくブートレッグ。1stから3rdまでの収録曲と、2002年にキャンディスが参加したプロジェクト、[Beto Vazquez Infinity]の収録曲をコンパイルし、「TV番組のサントラ盤」という名目をつけたアルバム。正確なリリース年月日は不明ですが、[Beto Vazquez Infinity]のリリースが2002年なので、そのあたりではないでしょうか。全部普通に正規盤で聴けるテイクばかりなので、しゃかりきになって探すことはありません(・∀・)


EU Dream Sound No Number : [ De Luxe Collection ]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Greensleeves
  2. A Maid Beddlam
  3. Be Mine Tonight
  4. Minstrel Hall
  5. Under A Violet Moon
  6. Possum Goes To Prague
  7. Magical World
  8. Unquest Grave
  9. Wish You Were Here
  10. Memmingen
  11. The Times They Are A Changin’
  12. Beyond The Sunset
  13. Handing Tree
  14. Sovay
  15. Waiting Just For You
  16. Praeterious (Courante)
  17. Wind In The Willows
  18. Fool’s Gold
  19. Sylvie
  20. Spirit Of The Sea
  21. I Still Remember
  22. Greensleeves

Dream Soundという、アヤシげなレーベルからリリースされているコンピレーション・アルバム。CD-Rではなく、ちゃんとプレスされています。時々オークション・サイトなどに現れますが、正規盤ではなさそうなので手を出さないよう、ご注意ください。音質は、まぁ、PCにインポートして聴く分には十分なものですが、手に入れようとすれば内容的に割の合わない出費を強いられると思うので、無理することはござんせん(笑)

大半は初期3枚のアルバムからピックアップされたナンバーで構成されていますが、所々で見慣れないタイトルが出てきます。これらは、今から10年以上前に現れた、「Blackmore’s Nightの未発表初期録音集」という触れ込みのフェイク・アルバム、[Blackmore’s Kingdom]というブートレッグに収録されていた正体不明の楽曲です。このブートレッグの詳細についてはあまり追求する気にもならないので、未だに正確なデータは調べていないのですが、当時、このフェイク・アルバムが最初にリリースされたのがギリシャだったということ、その前後にBlackmore’s Nightがギリシャでバンド・コンテストのプレゼンターとして参加したイベントが開かれていたこと、等々から、個人的にはこのコンテストに参加したバンドのデモ・テープ等の音源を流用して作られたものではないかと推定しています。