UK Gibson [3178] : [The Outlaws / Rare Items]


ジャケット画像

Side A

  1. Swingin’ Low
  2. Valley Of The Sioux
  3. Crazy Drums
  4. Ku-pow
  5. Last Stage West
  6. Sioux Serenade
  7. Fort Knox

Side B

  1. Return Of The Outlaws
  2. Texan Spiritual
  3. That Set The Wild West Free
  4. Hobo
  5. Law And Order
  6. Do Da Day

イギリス盤ではありますが、どうにも素性が良くわからないオムニバス・アルバム。The Outlawsのシングルを順番に並べたものですが、二、三枚抜けているよーな(笑)。んで、こんなアルバムでもジャケ違いがあるらしいです。そちらは見たことありません。リッチーが参加したナンバーはB面にまとめられています。詳細データは参加曲リストを参照してください。

ジャケット画像


UK HMV CLP 1489 : [The Outlaws / Dream Of The West]


ジャケット画像

Side A

  1. Dream Of The West
  2. The Outlaws
  3. Husky Team
  4. Rodeo
  5. Smoke Signals
  6. Ambush

Side B

  1. Barbecue
  2. Spring Is Near
  3. Indian Brave
  4. Homeward Bound
  5. Western Sunset
  6. Tune For Short Cowboys

1961年にリリースされたThe Outlaws唯一のフル・アルバム。年代からして当然ですが、リッチーはこのレコードに参加していません。てことで、「Ritchie Blackmoreの部屋」的にはスルーしてもかまわないのですが、ライヴのレパートリーとして、このアルバムの収録曲をリッチーが演奏しなかったとも限りませんし(笑)、どんなジャケットだったかくらいは興味のある人もおられるのではなかろうかと思い、掲載します。

ブラック・ナイト – リッチー・ブラックモア伝」には、オープニングではS.E.に続けて当アルバムのA面最後の曲、"Ambush"を演奏していたとも書かれています。同じく「レコードの曲はあまりやらなかった」ともありますが(^^;、ジーン・ヴィンセントなどとのツアーでの話なので、それ以外のステージではやっていたんじゃないかなー、などと、想像をたくましくして聴いてみるのも楽しいです(ホントか)。"Ambush"はシングルでもリリースされていますから、音だけ聴きたい方はCD[The Outlaws / Ride Again]を探してみてください。

このアルバムをリリースした時のメンバーで、リッチーが参加する時まで在籍していたのはベース担当のチャス・ホッジズだけ。彼はギターの腕前もかなりなもので、リッチーが参加しているシングルでも、メロディの基本ラインを真面目に弾いてるのはチャスのほうが多かったりするようです。映画"Live It Up"ではスティール・ギターもプレイしていたり、マルチぶりはなかなかのものです。

ジャケット画像


France See For Miles SEE CD 303 : [The Outlaws / Ride Again]


ジャケット画像 ジャケット画像

各曲詳細データはThe Outlawsの参加曲リストをご覧ください。

  1. Swingin’ Low
  2. Spring Is Near
  3. Ambush
  4. Indian Brave
  5. Valley Of The Sioux
  6. Crazy Drums
  7. Last Stage West
  8. Ku – Pow
  9. Sioux Serenade
  10. Fort Knox
  11. The Return Of The Outlaws
  12. Texan Spiritual
  13. That Set The Wild West Free
  14. Hobo
  15. Law And Order
  16. Doo Dah Day
  17. Keep A Knockin’
  18. Shake With Me

このCDはThe Outlawsのシングルを集大成したアルバムです。1990年にアナログ盤と同時にSee For Milesレーベルからリリースされました。リッチーが参加したシングルは11曲目の"Return Of The Outlaws"からの4枚で、それ以前の曲は他のギタリストがプレイしています。7曲目から10曲目のギターを弾いているのは、リッチーが当時尊敬していたギタリスト、ロジャー・ミンゲです。名前やジャケットから想像がつくかと思いますが、彼らの音楽は、西部劇をモチーフにしたカントリー的な曲調で、ハード・ロックとは少し違いますが、17曲目に代表されるようなロックンロールをプレイするときのリッチーは、かなりキテます。

The Outlawsは変名でレコーディングしたり、ジョー・ミークがプロデュースしたシンガーのバックを数多くつとめたりしており、その音源が数多く残っています。それらは、Ritchie Blackmore名義のアンソロジー・アルバムや、その他、ここで紹介するアルバムの多くで見つける事ができます。