04-07 [Oldenburg 1971]


ジャケット画像
Darker Than Blue [055]
Oldenburg 7 April 1971

  1. Introduction
  2. Speed King
  3. Strange Kind Of Woman
  4. Child In Time
  5. Into The FIre
  6. Mandrake Root

十数年前、西新宿がアングラ一色に染まっていたころに初登場音源として注目を集めた音源です。まだDeep Purpleのその手のブツがあまり種類も多くないころで、広告も派手にうたれてたのを思いだします。

私が第二期で一番大好きな時期、1971年のライヴを収録したオーディエンス音源で、"Danish Yodel"が出るまでは、これと"Live In Offenbach 71"あたりが、音質や内容が優れているように思っていました。ローマ公演の音源も出回ってましたが、演奏は良いものの、音質はかなり好みが分かれるものでございまして。私は好みの音なんですが、そのことをホームページに書いたら、某掲示板で思いっきり退かれたこともあります(笑)。

てことで、こちらはローマと違って一応お薦めの音源でありまして、最近もヨーロッパ・プレスのアナログ盤が少数ルートで出回ったようです。そっちのアナログは聴いてないのですが、多分このCDと同じ音源だと思います。

音質は、うーん、バランス面ではあまり良くないんですよ。とくにドラムがほとんど聴こえないので、"Speed King"とかがすごくマヌケに聴こえます。あと、高域がすこし丸い感じで、ヌケがあまりよくありません。そのあたりは減点ですが、「リッチーのギターの音がかなり良く録れている」というのがポイント。あと、ジョンのオルガンも、リッチーのギターに比べるとやや遠い感じで入ってはいるものの、かなり良い音で聴けます。掛け合いや即興が大変多いこの時期のステージを楽しむには十分かと。ただ、初出盤と比べて聴きやすくなってるかどうかは……初出盤を引っ張り出すのがめんどくさいから確かめてません(笑)。印象がそれほど変わらないということは、音源自体は同じだと思います。んで、世代が違うか、レストアしてるかで、多少は聴きやすくなっているんじゃないかなーという印象です。

演奏は文句なしにカッコ良いです。やや曲が少なめですが、もし、フル・ステージだったとすると、"Wring That Neck"とか"Paint It Black"あたりが本編から落ちてる感じでしょうか。アンコールでは"Black Night"や"Lucille"をやってたと思いますが、もしかしたらフェスティバルへの出演だった可能性もあるかなと。そうだとすると、演奏曲数はこんなもんでしょう。

てことで、音質にシビアな人はこれでもダメかもしれませんが、パープルは即興じゃ!という向きで、これまで当音源を聴いたことのない方であれば、聴いて損なしだと思います。ただ、初出盤"Oldenburg ’71"をお持ちであれば、それぞれのポリシーに従ってご判断を(^^;。