03-04 [Mk II in Zurich]


ジャケット画像
Tarantura TCDDP 19
Zurich 4 Or 5 March 1970

  1. Speed King
  2. Hush
  3. Child In Time
  4. Wring That Neck
  5. Keyboard Solo
  6. Wring That Neck
  7. Guitar Solo
  8. Wring That Neck
  9. Band Introduction
  10. Mandrake Root

1970年の前半、[In Rock]アルバムの制作と平行してこなしていたヨーロッパ各地でのコンサートより、3月に行われたスイス、チューリヒでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。[Zurich 3.5.70]以来、久々の登場となります。以前は3月5日とも言われていたステージですが、現在では3月4日説が大勢を占めています。ただこの時、スイスでは3回のコンサートがスケジュールされており、詳細が未だ明らかではないので、当サイトでは日付の確定は保留としています。

[Zurich 3.5.70]と同じ録音のテープがソースとなっていますが、曲間の編集などが少々異なっています。序盤のバランスの不安定さは共通しているものの、マスタリングの違いで、全体を通した聴きやすさでは当盤のほうに分がある場面が多いと思います。[Zurich 3.5.70]は所謂「パープル大全」の一枚として登場したアルバムでしたので、盤質等も考慮すれば、この演奏が好きで[Zurich 3.5.70]をお持ちの方はアップグレードを考慮してもいいのではないかと思います。

レコードとしてリリースされていなかった"Speed King"では「新しいシングルになる」という紹介があったり、ジョンとリッチーのコール&レスポンスが凄まじい"Hush"、前年の初披露から8ヶ月近く、インプロビゼーション・パートにスタジオ・ヴァージョンの雰囲気が現れてきた"Child In Time"、前月のBBCでのスタジオ・ライヴよりも攻撃的なリッチーの即興が聴ける"Wring That Neck"、多少短めながら、エンディングでギター・クラッシュらしき場面が聴ける"Mandrake Root"、どの曲も素晴らしい瞬間がてんこ盛りのステージなので、未聴の向きはとっとと聴くこと。