08-26 [Definitive Budokan 1981 1st Night]


ジャケット画像

Black Box [011]
Tokyo 26 August 1981

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Love’s No Friend
  5. I Surrender
  6. Lazy Intro.
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Catch The Rainbow
  9. Can’t Happen Here

Disc 2

  1. Keyboard Solo
  2. Lost In Hollywood
  3. Guitar Solo
  4. A Light In The Black
  5. Difficult To Cure
  6. Jam
  7. Drum Solo
  8. Long Live Rock’n’Roll
  9. All Night Long
  10. Smoke On The Water
  11. Maybe Next Time
  12. Since You Been Gone
  13. Blues
  14. Over The Rainbow

1981年8月、[Difficult To Cure]アルバムのプロモーションとして行われた日本公演、武道館初日となる8月26日のステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。従来登場していた[Nowhere To Hide][Spotlight Night]とは異なる音源を使用しており、かつてリリースされていたアナログ盤、[A Paris 1981]のアンコール部分で使用されていたテープの全長版という触れ込みです。90年代以降のリッチーを追うレーベルと勝手に期待していた[Black Box]からのリリースとなりました。[Black Box]よ、お前も先達と同じ道を歩むわけなのだね(悲)

[Nowhere To Hide]や[Spotlight Night]よりもとっつきやすい音場、音像で聴ける音源で、濁りのほとんど感じられないマスター・グレードのテープ。告知文によればアナログ盤[A Paris 1981]をリリースした某店が使用していたテープということらしいですが(以下略

バランスは良好ではありますが、リズム隊の音像がもう少し安定していればなぁ、という歯がゆさは感じます。これは当日のPAの傾向がそうだったのでどの録音を聴いても多かれ少なかれ感じるものなのですが、これだけ聴きやすいディスクであるからこそ余計に感じてしまうという困った問題でありますな。

年々変化していくリッチーのギター・トーンの中でも、クォーターパウンドのPUを使い始めてからの時期では一番私の好きなトーンが聴ける81年ですが、ここでも好みのトーンで鳴っていてくれて嬉しい限り。アナログ盤で聴けたアンコールもオーディエンス・ノイズが懐かしく、現時点におけるこのステージの音源では、選択肢の第一に置いても良いと思います。