EU Cherry Red Records HNECD 037D : [The Battle Rages On… & Come Hell or High Water]


ジャケット画像 ジャケット画像

2014年3月にリリースされた、リッチーが最後に参加したDeep Purpleのスタジオアルバムと、同じく最後に参加したDeep Purpleのツアーの模様を収めたライヴ・アルバムをカップリングしたリイシュー盤。4面開きのデジパックで、雑誌のカットアップなどの写真資料が豊富に掲載され、この時期をコンパクトに解説したライナーが読める16ページのブックレットがついています。

日本では何回か再発されている両アルバムですが、欧米ではこの20年間というものきっちりとした再発はありませんでした。ライヴに関してはボックスやアーカイヴが登場していましたが、[Come Hell or High Water]というアルバム作品としての再発はされていません。おそらくこのラインナップで登場した作品の20周年という節目で実現した企画だったと思われ、リイシュー・クレジットもしっかりとしたものになっており、好感のもてるリリースではないかと思います。


JP BMG BVCP 766 : [Come Hell Or High Water]


ジャケット画像 ジャケット画像

1994年11月にリリースされた日本盤。"Lazy"から"Woman From Tokyo"までの3曲は、日本盤のみのボーナス・トラックとなっています。ボーナスならアルバムの最後に遠慮がちに入れておけば良いものを……

CDジャケットと同じデザインのスリップ・ケースに収納され、ドイツ盤と同じブックレットがCDジャケットになる一方、もう一つのブックレットが添付されており、ツアー・フォトやライナー・ノーツ、日本のファンへ向けたギランとロジャーのメッセージなどがプリントされています。レーベルはドイツ盤同様のピクチャー・レーベルですが、ドラゴンがもっとはっきりと描かれたものになっています。


Germany BMG [74321234162] : [Come Hell Or High Water]


ジャケット画像 ジャケット画像

1994年にリリースされたドイツ盤。日本盤より3曲少ない全9曲。レーベルは"The Battle Rages On"のドラゴンをあしらったピクチャー・レーベル、ブックレットには1993年ヨーロッパ・ツアーの記事がカットアップされています。アメリカ盤はリリースされていません。

この作品、はたしてオリジナル・アルバムとして掲載したものか、それとも"Live Albums"のカテゴリでアーカイヴ音源として紹介したものか、うーみゅと悩みました。今でも迷ってはいるのですが……。当時のバンドの契約レーベルだったBMGから、時系列としてはリアルタイムに近いリリースということで、バンドの活動ローテーションの中でリリースされたように見えますから、Deep Purpleの"Live In Japan"や"Made In Japan"、Rainbowの"On Stage"などと同様、オリジナル・アルバムとして、リッチーの最後のDeep Purple参加作品と捉えてみました。

リリース時、バンドはようやく確定メンバーとしてスティーヴ・モーズを迎えたあたり(1994年11月にメキシコで行なわれた最初期の音源が残されています)という段階。同時発売のビデオで収録されたインタビューなどとともに、バンドのリッチーに対する訣別の意思を示す役割を負わされたリリースではなかったかと思います。裏ジャケのギランのポーズも深読みしたりして(笑)