03-11 [Osaka 1984]


ジャケット画像

Darker Than Blue [211/12]
Osaka 11 March 1984

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Fool For The Night
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Catch The Rainbow
  8. Miss Mistreated
  9. Difficult To Cure
  10. Keyboard Solo
  11. Difficult To Cure (Reprise)
  12. Guitar Solo
  13. Drum Solo
  14. Power

Disc 2

  1. Blues
  2. Stranded
  3. Death Alley Driver
  4. Fire Dance
  5. Maybe Next Time
  6. All Night Long
  7. Woman From Tokyo – Since You Been Gone
  8. Smoke On The Water
  9. Over The Rainbow

1984年における唯一のツアーとなった日本公演より、初日となる3月11日に行われた大阪城ホールでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。この日はアナログ盤[World Tour ’84]が公演後にリリースされたのを始めとして、CDやCD-Rでも何種類かの音源が登場していますが、今回も初登場のテープが使われています。アナログ盤のリリースで全盛を極めていた某レーベルが発表せずにいたものという触れ込み。そういったエピソードはこの手のアイテムには不可欠でありまして、聴き手の妄想や期待を高めてくれる要素となっています。……事実かどうかはわりとどうでもいいというか(汗……とにかく中身を聴くのだ(・∀・)

従来出回ってきていた音源の大半がポジション的に惜しい感じ(ステージの音像が左右どちらかに偏っていたり、中央寄りでも観客が残念だったり)なテープが多かったわけですが、今回の当音源はステージ上の音はほぼセンターから広がる感じで聴きやすい音場が現れます。各楽器の距離感、解像度なども悪くなく、オーディエンスが過度に耳障りなこともありません。現時点でベストな音像が得られる音源としておいていいと思います。

最終日程となった日本武道館では弦楽合奏が伴うステージとなったため、通常のバンド編成としてのRainbowのラスト・ギグとなった当公演はどんな形であれ、耳にしておいて損はない日です。その際の選択肢の第一として指を折るのにやぶさかではないディスクだと思います。


03-13 [Hellbent Driver]


ジャケット画像

Darker Than Blue [093/94]
Tokyo 13 March 1984

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Miss Mistreated
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Catch The Rainbow
  8. Power
  9. Keyboard Solo
  10. Street Of Dreams

Disc 2

  1. Fool For The Night
  2. Difficult To Cure Intro.
  3. Difficult To Cure (with Orchestra)
  4. Guitar Solo
  5. Drums Solo
  6. Stranded incl. Woman From Tokyo
  7. Blues
  8. Death Alley Driver
  9. Fire Dance
  10. All Night Long
  11. Maybe Next Time
  12. Stone Cold
  13. Since You Been Gone
  14. Smoke On The Water
  15. Over The Rainbow

1984年来日公演の東京初日を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。2009年末にクオリティの高い音源が[The End]のタイトルで登場していますが、こちらは別録音による初登場とされる音源になります。

ほんの少し歪み気味というか、アナログ機材の香りが目一杯感じられる良質の録音で、濁りやこもりはありません。[The End]とはまた違った音像で、オーディエンスノイズにステレオ感はありますが、ステージ上のサウンドは中央にどっしりと構えており、迫力のある音になっています。最初の方は少々音が薄っぺらいですが、だんだんと改善され、特にDisc 2に入ってからは自然なライヴ・サウンドと言える音が聴けます。"Difficult To Cure"で弦楽アンサンブルが鳴りだす時の、オーディエンスの反応を含めた、会場全体を包むワクワク感が良いです。

録音状態は[The End]と甲乙つけ難く(なんたってあっちはリッチーのギターの音がでかいんだもん(^^;)、聞き手がそれぞれ選べば良いんじゃなかろうかと思います。強いて言えば、当日の会場にいる気分に慣れるのは当盤[Hellbent Driver]の方で、よりリッチーにかぶりつきになれるのは[The End]のほうかな、と。[The End]は14日とのカップリングで4枚組というヴォリュームになるので、それも選択基準になるでしょう。


03-13 [The End]


ジャケット画像
Darker Than Blue [082/5]
Tokyo 13 March 1984

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Miss Mistreated
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Catch The Rainbow
  8. Power
  9. Keyboard Solo
  10. Street Of Dreams

Disc 2

  1. Fool For The Night
  2. Difficult To Cure Intro.
  3. Difficult To Cure (with Orchestra)
  4. Guitar Solo
  5. Drums Solo
  6. Stranded incl. Woman From Tokyo
  7. Blues
  8. Death Alley Driver
  9. Fire Dance
  10. All Night Long
  11. Maybe Next Time
  12. Stone Cold
  13. Since You Been Gone
  14. Smoke On The Water
  15. Over The Rainbow

Disc 3,4は省略

Rainbowの最終ツアーとなった、1984年の日本公演、武道館2日間をオーディエンス録音で収録した4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

初日にあたる3月13日は、十数年前に[The Day Before The Final Gig]として、プレスCDがリリースされましたが、それ以降はCD-Rでのリリースが続いていたため、久しぶりの登場となりました。今回は[The Day Before The Final Gig]や、CD-Rで登場した各種テープとは違う音源をソースとしています。

きちんとしたマイクを使ったと思われる、良質のオーディエンス音源で、ステレオ感もほどよくあり、歪みや濁りもないため、大変聴きやすいCDになっています。始まりは中域がかなり引っ込んだ不自然な音場で入っていますが、すぐに改善され、ジョー在籍時の日本公演の中でも、おそらくベストに近い音質で聴けます。バランスで言えば、リッチーのギターがちょっと大きめかなとも思いますが、それに文句を言う人はいないでしょう(笑)さすが、久しぶりにプレスCDで登場しただけのことはあります。音像がやや変わっていて、ギターがどちらかといえば左、その他の楽器はやや中央から右。オーケストラ、もとい、弦楽合奏(すみませんねぇ、くどい性格なものでm(..)m)は、右から聴こえます。オーディエンス・ノイズはあまりアリーナっぽくない上、ほとんど気にならないレベルとなっているため、東から北東にかけての一階スタンド最前列あたりで聴いていればこんな感じかなという音像ですが、それにしても良く録れているテープです。

演奏内容については[The Day Before The Final Gig]を参照してください。


03-14 [The End]


ジャケット画像
Darker Than Blue [082/85]
Tokyo 14 March 1984

Disc 3

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Miss Mistreated
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Catch The Rainbow
  8. Power
  9. Keyboard Solo
  10. Street Of Dreams

Disc 4

  1. Fool For The Night
  2. Difficult To Cure Intro.
  3. Difficult To Cure (with Orchestra)
  4. Guitar Solo
  5. Drums Solo
  6. Blues
  7. Stranded incl. Hey Joe
  8. Death Alley Driver
  9. Fire Dance
  10. Maybe Next Time
  11. All Night Long incl. Woman From Tokyo
  12. Lazy
  13. Since You Been Gone
  14. Smoke On The Water
  15. Over The Rainbow

Disc 1,2は省略

Rainbowの最終ツアーとなった、1984年の日本公演、武道館2日間をオーディエンス録音で収録した4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

2日目、最終日にあたる14日はビデオJapan Tour ’84としてリリースされたため、ライヴCDなどのアングラ・マーケットでは、ビデオからの音声落とししか登場しておらず、オーディエンス音源がリリースされるのは今回が初めてです。オフィシャルでリリースされているコンサートのオーディエンス録音なので、どちらかというとマニア向けの音源ですが、当時のコンサートの雰囲気を知りたい人にも向いているかなと。ビデオで見られる当時の若者の姿と合わせると、バブルな80年代(バブルはもーちょっと後か)が偲ばれるかもしれません(笑)

音質は13日ほどのレベルは望めないというものの、当時のオーディエンス録音としては良質のモノだと思います。多少のもこもこ感はありますが、バランスも良好ですし、音が割れたり歪んだり濁ったりということがないので、大変聴きやすいです。あのビデオの演奏が会場でどのように聴こえていたかが想像出来る、興味深い録音です。


03-11 [Double Stranded]


ジャケット画像
Langley Deluxe 007
Osaka 11 March 1984

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Fool For The Night
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Catch The Rainbow
  8. Miss Mistreated
  9. Difficult To Cure
  10. Keyboard Solo
  11. Difficult To Cure (Reprise)
  12. Guitar Solo
  13. Drum Solo

Disc 2

  1. Power
  2. Blues
  3. Stranded
  4. Death Alley Driver
  5. Fire Dance
  6. Maybe Next TIme
  7. All Night Long
  8. Woman From Tokyo / Since You Been Gone
  9. Smoke On The Water
  10. Over The Rainbow

Disc 3

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Fool For The Night
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Catch The Rainbow
  8. Miss Mistreated
  9. Difficult To Cure
  10. Keyboard Solo
  11. Difficult To Cure (Reprise)
  12. Guitar Solo
  13. Drum Solo

Disc 4

  1. Power
  2. Blues
  3. Stranded
  4. Death Alley Driver
  5. Fire Dance
  6. Maybe Next TIme
  7. All Night Long
  8. Woman From Tokyo / Since You Been Gone
  9. Smoke On The Water
  10. Over The Rainbow

Disc 3 & 4 are taken from the different tapes which were recorded on the same day

コメント未作成


03-11 [Satan 84]


ジャケット画像
WLG-121R11/12
Osaka 11 March 1984
Disc 1

  1. Spotlight Kid
  2. Fool For The Night
  3. I Surrender
  4. Can’t Happen Here
  5. Catch The Rainbow
  6. Miss Mistreated
  7. Difficult To Cure
  8. Keyboard Solo
  9. Difficult To Cure (Reprise)
  10. Guitar Solo
  11. Drum Solo

Disc 2

  1. Power
  2. Stranded
  3. Death Alley Driver
  4. Fire Dance
  5. Maybe Next Time
  6. All Night Long
  7. Since You Been Gone
  8. Smoke On The Water

ツアー初日の大阪城ホールで行われた公演を収録したプレスCDは、アナログ盤でリリースされていた"World Tour ’84"のコピーと、この"Satan 84"の2種類があります。コピーCDは"Ritchie’s Box"に含まれていたものです。"World Tour ’84"はアナログ盤しか持っていませんが、かなり音が遠いオーディエンス録音でした。

ここに上げた"Satan 84"はワイバーンのボックス"Incubus Party"に含まれているもので、バラでも入手可能です。"World Tour ’84"の入手は現在では難しいかもしれませんが、こちらはまだいろいろなショップである程度見つける事が出来ます。現在ではもっと音質のいいテープがCD-Rでリリースされていますので、この日はそちらを聴く方が手っ取り早いかもしれません。

いきなり、オープニングS.E.のカット・インから始まります。リズム隊を聞き取るのがツラいバランスですが、濁りや歪みはないオーディエンス録音です。マイクの位置がけっこう変わるようで、観客の歓声や手拍子が耳障りに感じる場面がいくつかあります。アナログ盤"World Tour ’84"の音とそれほどの違いは感じられません。

演奏の内容はなかなか良いと思います。"Catch The Rainbow"でのソロや"Difficult To Cure"でのソロなど、聞きどころは多いです。東京ではストリングスが入っていた"Difficult To Cure"は、こちらでは通常の構成でプレイされています。ジョーの声も良く出ており、イギリス、北欧ツアーよりも出来は良い印象を受けます。


03-11 [World Tour 84]


ジャケット画像
No Number (Ritchie’s Box)
Osaka 11 March 1984
Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Fool For The Night
  4. I Surrender
  5. Can’t Happen Here
  6. Miss Mistreated
  7. Catch The Rainbow
  8. Guitar Solo – Difficult To Cure – Keyboard Solo
  9. Difficult To Cure – Guitar Solo

Disc 2

  1. Power
  2. Blues
  3. Stranded
  4. Death Alley Driver
  5. Fire Dance
  6. Maybe Next Time
  7. All Night Long
  8. Since You Been Gone
  9. Smoke On The Water

コメント未作成