UK HMV POP 1475 : [Glenda Collins / Thou Shalt Not Steal]


ジャケット画像

1965年9月にリリースされた、グレンダ・コリンズのシングル。HMVでの最後のリリースにあたります。この後彼女はPyeレーベルに移籍して2枚のシングルを残し、歌手としての活動を終えています。

ジャケット画像

A面収録曲、"Thou Shalt Not Steal"のレーベル。ノリの良いポップなナンバーです。イントロからリッチーのギターがフィーチュアされています。ヴァースで聴かれるフル・ピッキングのたどたどしいフレーズはこの頃のリッチーの代表的なスタイルだと思います。他で聴かれるような深いディストーションは影を潜め、ややクリーンさが目立つサウンドですが、トレブリーなトーンは健在。

ジャケット画像

B面収録曲、"Been Invited To A Party"のレーベル。1963年にハインツがシングルのB面で発表していた、ジョー・ミークとハインツの共作ナンバー。全くのリメイクとしてレコーディングされています。こちらの方がヘヴィな仕上がりで、ギター・ソロも良い感じだと思います。


UK HMV POP 1439 : [Glenda Collins / Johnny Loves Me]


1965年7月にリリースされた、グレンダ・コリンズのシングル。HMV移籍後、5枚目のリリースにあたります。

ジャケット画像

A面収録曲、"Johnny Loves Me"のレーベル。テンポの良いポップ・ナンバー。"Loves"のスペルを混ぜ込んで歌う歌詞が面白いラブ・ソング。ギターは終始カッティングしかフィーチュアされず、リッチーのクセを聴き取るのはツラいバランスのため、このカッティングが果たしてリッチーかどうかは自分には判断できませんが、ついつい何回も聴いてしまう魅力的なナンバーだと思います。

ジャケット画像

B面収録曲、"Paradise For Two"のレーベル。ちょっとリズム&ブルースっぽいノリのあるナンバー。もう少しリズムがヘヴィだったら"Ticket To Ride"っぽい良い感じになったのになー、みたいな。ヴォーカルは声量たっぷりで聴いていて気持ちが良いです。こちらもギターはリズムのみのため、リッチーの参加はよくわからないのですが、んなことはどうでもいいです(笑)。好きです、こういう曲(^^)


UK HMV POP 1283 : [Glenda Collins / Baby It Hurts]


1964年の上半期にリリースされた、グレンダ・コリンズのシングル。ジョー・ミークが手掛けたアーティストは男性シンガーやグループが多いため、残されている女性アーティストの数少ないシングルは人気があり、こんな状態のものでないとなかなか手に入りにくくなってます。

ジャケット画像

A面収録曲、"Baby It Hurts"のレーベル。ドラマチックなメロディで歌い上げられるナンバー。ギターも良い感じで入ってます。

ジャケット画像

B面収録曲、"Nice Wasn’t It"のレーベル。ジョー・ミークの作曲です。リズミックなアレンジが心地いいポップ・ナンバー。彼女の歌は抑揚にやや欠けるもののパワフルなスタイルは聴いていて心地が良いです。


UK HMV POP 1233 : [Glenda Collins / If You Gotta Pick A Baby]


ジャケット画像

1963年にリリースされた、グレンダ・コリンズのHMV移籍2枚目のシングル。両面ともThe Outlawsがバックを担当しており、当シングルのレコーディング風景をレポートした文章が、「ブラック・ナイト – リッチー・ブラックモア伝」の45ページに掲載されています。

ジャケット画像

A面収録曲、"If You Gotta Pick A Baby"のレーベル。アップ・テンポのロックンロールで、非常に楽しいナンバー。グレンダのヴォーカルもパワフルだし、CDに復刻された音源と比較すると段違いに迫力のあるリッチーのギターのトーンが素晴らしいシングル。

ジャケット画像

B面収録曲、"In The First Place"のレーベル。こちらもバックはThe Outlaws。ミディアム・テンポのポップなナンバーですが、A面に負けないパフォーマンスを聴かせています。これらの2曲、ヴォーカルとベーシック・トラックは一発録りだったらしいことが、先のレコーディング・レポを読むとわかります。


UK HMV POP 1163 : [Glenda Collins / I Lost My Heart At The Fairground]


ジャケット画像

1963年5月にHMVレーベルよりリリースされたシングル。グレンダ・コリンズの出世作として知られています。彼女の4枚目のシングルにあたり、HMVからリリースされた初めてのシングルでもありました。これ以前の3枚は、デッカ・レーベルからリリースされています。

ジャケット画像

A面収録曲、"I Lost My Heart At The Fairground"のレーベル。トップ20に入るヒットとなったナンバーですが、こちらにはリッチーは参加していません。

ジャケット画像

B面収録曲、"Feel So Good"のレーベル。イントロからしてリッチーらしいビブラートが聴け、ギター・ソロもフィーチュアされたロックン・ロール。バックはThe Outlaws全員で担当しています。


UK RPM [182] : [Glenda Collins / This Little Girl`s Gone Rockin’]


ジャケット画像 ジャケット画像

各曲詳細データは、Glenda Collinsの参加曲リストをご覧ください。

  1. Take A Chance
  2. Crazy Guy
  3. Oh How I Miss You Tonight
  4. Age For Love
  5. Head Over Heels In Love
  6. Find Another Fool
  7. I Lost My Heart In The Fairground
  8. I Feel So Good
  9. If You Gotta Pick A Baby
  10. In The First Place
  11. Baby It Hurts
  12. Nice Wasnt It
  13. Lollipop
  14. Everybodys Gotta Fall In Love
  15. Johnny Loves Me
  16. Paradise For Two
  17. Thou Shalt Not Steal
  18. Been Invited To A Party
  19. Something I Gotta Tell
  20. My Heart Didnt Lie
  21. Its Hard To Believe It
  22. Dont Let It Rain On Sunday
  23. Sing C` Est La Vie
  24. This Little Girls Gone Rockin`
  25. Run To Me
  26. You’re Gonna Get Your Way
  27. Yeah Yeah Yeah
  28. Self Portrait
  29. Sing C` Est La Vie

1997年にRPMレーベルからリリースされたアンソロジー・アルバムです。かつて Connoisseurレーベルからも、"Been Invited To A Party"というタイトルのアナログ盤コンピレーション・アルバムがリリースされていましたが、このRPMのCDは Connoisseurのアルバムよりも収録曲も多く、また未発表テープも発掘されて収録されています。

彼女の歌っている曲はパワーを感じさせる楽しいロックンロール・ナンバーが多く、こうしてシングルをまとめたアルバムを聴いていても、リッチーが弾いている、いないに関わらず楽しめます。"Everybodys Gotta Fall In Love"では、ギター・ソロに入る前にグレンダがリッチーに声をかけているのが聴けたりします。

ライナー・ノーツによると、発掘されたテープ6曲のうち、

  • "Sing C` Est La Vie"
  • "Run To Me"
  • "Self Portrait"

以上の3曲に、リッチーがセッション参加しているとあります。ところが、More Black Than Purpleの資料だと、この発掘テープ6曲すべてにリッチーが参加している事になっています。私自身の感想としては、ライナーに書かれている3曲プラス"Yeah Yeah Yeah"あたりはまず間違いなくリッチーじゃないかな、でも、6曲全部というのもあり得るかも、という程度の事しか言えません。ストロークの感じがリッチーかそうでないか、聴きわけるのは難しいです。ただ、リッチーならコード・プレイの隙間で多少遊んだりする場面がこの時代からあったりするのですが、そういう場面があまり出てこない曲は、参加を言い切るのにはちょっと不安が残ります(汗


UK Connoisseur CSAP 108 : [Glenda Collins / Been Invited To A Party]


ジャケット画像

各曲詳細データは、Glenda Collinsの参加曲リストをご覧ください。

Side A

  1. I Lost My Heart In The Fairground
  2. I Feel So Good
  3. If You Gotta Pick A Baby
  4. In The First Place
  5. Baby It Hurts
  6. Nice Wasnt It
  7. Lollipop
  8. Everybodys Gotta Fall In Love

Side B

  1. Johnny Loves Me
  2. Paradise For Two
  3. Thou Shalt Not Steal
  4. Been Invited To A Party
  5. Something I Gotta Tell
  6. My Heart Didnt Lie
  7. Its Hard To Believe It
  8. Dont Let It Rain On Sunday

1990年代始めにリリースされたコンピレーション・アルバム。同時にCDでもリリースされていましたが、そちらは持っていません。The Outlawsと同様、レコードとCDの内容は共通だったと記憶しています。

彼女がジョー・ミークの元で発表したシングルをクロノジカルに収録していて、入手困難なシングルしかなかった当時、大変重宝したアルバムです。

ジャケット画像