72-08-16 [Live]


ジャケット画像

No Label Credit No Number
Side A : Osaka 15 August 1972
Side B : Osaka 16 August 1972

Side A

  1. Speed King

Side B

  1. Lucille

日本製とされる7インチ・シングル・レコード。センターホールは通常の大きさなのでアダプタは必要ありません。45回転ではなく、33 1/3回転でカッティングされています。

内容は、Deep Purpleやリッチーの初来日となった1972年8月の日本公演から、アンコールとして演奏された2曲をカップリングしたもの。A面の"Speed King"は初日となった8月15日の大阪公演でのテイク。[終戦記念日][Live In Japan Complete]で全編が聴ける音源からの収録となります。SB音源となる[Live In Japan]収録の正規音源ではなんともスカスカした印象が残る演奏ですが、このオーディエンス音源で聴ける迫力は凄まじいです。リッチーが今まで日本で2回しか演奏したことがない"Speed King"の1回目がこの演奏(2回目は8月17日の武道館)。

B面の"Lucille"は8月16日の大阪で演奏されたテイク。リッチーやDeep Purpleがこの曲を日本公演で演奏したのはこの時限りってことでこちらも貴重な演奏。イントロの「ノッてきたぞ!」のセリフでお馴染みの[Burning Night][Live In Japan Complete]で使用されているソースからの収録。てことで、現在、内容的には他のメディアで十分に聴けるものばかりですが、この当時、日本公演のアンコールは[Black Night]しか耳に出来なかった頃で、このレコードはその隙き間を埋めていた良盤でありました。

ジャケット画像


[When We Were Young]


ジャケット画像

No Label Credit YOUNG 1/2

Side A

  1. Wring That Neck
  2. Mandrake Root

Side B

  1. Highway Star
  2. Smoke On The Water
  3. Strange Kind Of Woman

Side A : Paris 8 October 1970 ?
Side B : Nurumberg 19. January 1973

ヨーロッパ・プレス、シングル・ジャケットのアナログ盤。ジャケットには何のクレジットもありませんが、収録曲や収録日時、場所を記載したボール紙のインサートが付属しています……、あ、その画像を載せれば良かったか(笑)。そのインサートによれば150枚限定のプレスだそうです。内容は、A面とB面、それぞれ別のライヴを収録したオムニバス形式です。

A面はインサートによれば1969年のベルギーでのフェス音源となっていますが、実際は1970年にフランスのテレビで放送されたPop Deuxの音声落とし。全体で25分程度あるため、LPの片面に収録する都合からか、ややピッチを早めてカッティングされていて聴きづらいです。現在では[History, Hits & Highlights]で観る事が出来る演奏。

B面は1973年、第二期最後のヨーロッパ・ツアーの序盤、1月19日のニュルンベルクでのステージと云われるオーディエンス音源から、冒頭の三曲を収録。こちらも30分近い演奏になりますが、やはりLPの片面に収録する都合から(以下略。ソースは[Deepest 1973]で聴ける音源ですが、当盤で使用されているテープはかなり世代が高かったようで、こもり気味かつヒスノイズが気になり、やはり聴きづらいもの。

ブートレガーの目論見としては、第二期の初期と末期の演奏を対比させる事でなにがしかを感じてもらおうとかなんとかあったのかもしれませんが、クレジット・ミスやソースの選定、適当なカッティング等々のため、あまりほめられた仕上がりにならなかった残念なレコードとなってしまいました。個人的にはこの残念さ加減が愛すべきポイントなのですが(笑)

ジャケット画像


[Never Before]


ジャケット画像

ZAP [7967]

Side A

  1. Highway Star
  2. Speed King
  3. Wring That Neck

Side B

  1. Never Before
  2. Child In Time
  3. Free Form Part 1 (Wring That Neck)
  4. Free Form Part 2 (Mandrake Root)
  5. Lucille

Side A-1, Side B-1,5 : London 9 March 1972
Side A-2,3 : London BBC Studio 19 February 1970
Side B-2-4 : Granada TV 1970

日本製と云われているシングル・ジャケットのアナログ盤。レーベルのZAPはアメリカのブートレガー、TAKRLの別名レーベルとして知られていますが、当盤はZAPを名乗った別のブートレガーが制作したという話があります。レコード・レーベルがTAKRLの系列ではあまり見慣れないものではあるので、そういった話もあり得るかなぁとは思いますが、真偽は未確認です。

内容は、当時の日本ではラジオやテレビでは放送されていたものの、LPやVHSといったソフトはまだリリースされていなかった音源を中心に構成したオムニバス形式。特に、[Doing Their Thing]の音声を音盤化したLPはこれのみだったので、当時は重宝したレコードですが、もう役目を終えて幾星霜、廃人間近なコレクターさんしか用のないアイテムとなっています(ほっといてくれ(^^;)


[Hold The Phone!]


ジャケット画像

Wall Records Hole 30187

Side A

  1. Emmaretta
  2. Black Night
  3. When A Blind Man Cries
  4. I’m Alone
  5. Emmaretta
  6. Lalena
  7. The Painter

Side B

  1. Strange Kind Of Woman
  2. Perfect Strangers
  3. Interview with Roger Glover

Side A 1,6,7 : BBC Sessions 1969
Side A 2-5 : Studio Recordings (Single Only)
Side B 1 : London 9 March 1972
Side B 2 : Adelade 30 November 1984
SIde B 3 : ROCKLINE broadcast on May 7, 1984

ヨーロッパ・プレス、シングル・ジャケットのアナログ盤。オムニバス形式で、A面にはシングルのみでリリースされていた曲やBBCセッションで録音された曲等を収録。B面は第二期と再結成のそれぞれのライヴ・テイクを一曲づつ収録し、再結成発表直後のロジャーのインタビューを最後に収め、再結成を音でコンパクトに表そうと……そーいう意図があったかどうかは知りまへんが(笑)、第二期のライヴは定番の1972年BBC放送用音源、再結成のライヴはツアー開始直後のオーストラリア、アデレードでのオーディエンス音源となります。

ジャケット画像


[Deep Purple And Split Groups]


ジャケット画像

ZZYZX [011]

Side A

  1. Hush
  2. Strange Kind Of Woman
  3. You Fool No One
  4. She Called Me Softly (Ian Gillan)

Side B

  1. Rock’n’Roll Medley (RItchie Blackmore with Ian Gillan Band)
  2. Mistreated (Rainbow)
  3. Lady Luck (Whitesnake)
  4. Captain Cornflakes (Rainbow)

A-1 : TV 1968 Play Boy After Dark
A-2 : Offenbach 10 April 1971
A-3 : Copenhagen 20 March 1975
A-4 : Gillan’s Demo 1974
B-1 : London 27 December 1978
B-2 : Liverpool 4 November 1977
B-3 : BBC in Concert? 5 July 1978?
B-4 : Osaka 20 January 1978

ヨーロッパ・プレス、シングル・ジャケットのアナログ盤。Deep Purpleの当時としてはレアなトラックと、解散後のそれぞれのバンドやソロにおけるパフォーマンスを抜粋して収めたオムニバス盤。かなり盛りだくさんな内容を一枚のLPに収めるためにカッティング・レベルが低く、ピッチも速めに切られているため、少々聴きづらいですが、リリース当時は聴けるだけで有り難いソースが多かったので重宝したレコードです。ジャケットも各バンドのステージ・フォトやバンド・ショットが使われているところがポイントです。

各曲について簡単にまとめると、1曲目はアメリカでのテレビ出演のビデオ音源で現在は[History, Hits & Highlights]で観られるもの、2曲目は1971年のオーディエンス音源で[Live In Germany]等で聴けるもの、3曲目は1975年のリッチー脱退ツアーでのオーディエンス音源で、[Copenhagen 3.20.75]等で聴けるもの、4曲目はイアン・ギランの1974年に録音されていたデモ・テープで、[Cherkazoo & Other Stories]等で発表されているもの。B面に入り、1曲目はギランのステージにリッチーが飛び入りした際のオーディエンス音源で、[Life After Purple]等で聴けますが、現時点では少々入手しづらいものかもしれません。2曲目はRainbowの1977年ヨーロッパ・ツアーでのもので、[Mark 2]等で聴ける音源、3曲目はWhitesnakeの1978年のライヴですが、おそらくBBCで放送された7月5日収録のテイクと思われますが、確信はありません。4曲目は1978年の日本公演から、1月20日の大阪、"Man On The Silver Mountain"の中で披露されたロニーによる即興です。

ジャケット画像


[B 13 Presents : Live 1969 – 1972]


ジャケット画像

B13 B179LP

Side A

  1. I’m A Racer (Emmaretta)
  2. Speed King (Piano Version)
  3. Strange Kind Of Woman
  4. Smoke On The Water – Never Before
  5. Ricochet

Side B

  1. Highway Star
  2. Maybe I’m A Leo
  3. Lazy
  4. Lucille

Side A-1 : BBC Studio Session 14 January 1969
Side A-2 : BBC Studio Session 31 October 1969
Side A-5 : BBC Studio Session 11 August 1969

Side A 3,4 & Side B : London 9 March 1972

2012年に出回った編集盤。B 13というレーベルからリリースされたレコードで、他にも多数のアーティストのコレクター音源をこういったカラー・レコードを透明ジャケットにパッケージするという体裁でリリースしています。ドイツ製とも云われますが、レーベル・クレジットにはロシア語もあり、ライセンス先は東京の会社だそうで(笑)、アヤシさ満点のレコード。

内容はご覧のとおり、1969年のBBCセッションと1972年のパリス・シアターでの放送用録音。どちらも現在、良質のCDが出揃っているので、わざわざこのレコードで聴く必要もありませんし、クレジットもかなり適当("Emmaretta"の曲名が"I’m A Racer"になってたり、日付のクレジットも前後してたり)なので、探す必要はありません。


74-05-22 [Keep Out Of Reach of Children]


ジャケット画像

Music From Big Purple MBP 991
London 22 May 1974

Side A

  1. "G" Blues
  2. You Fool No One – Drums Solo – The Mule
  3. Space Truckin’ Part 1

Side B

  1. Space Truckin’ Part 2

アメリカ・プレス、スリック・ジャケットのアナログ盤。Deep Purple関連の専門レーベルとして悪名が高い(笑)、Music From Big Purpleからリリースされたもので、日本プレスのアナログ盤として知られる[Live At Kilburn]のコピー盤です。音は、そりゃ[Live At Kilburn]と較べちゃうとボケッとしてますが、聴こうと思えば普通に聴けます……そこまでして聴かなくても良いですが、つか、やっぱコレクター向け(・∀・)

ジャケット画像