Down To Earth Rough Mix (Reissue)


ジャケット画像

Black Box [024]
1-8 : "Down To Earth" Session 1979
9 : Studio Demo For Graham Bonnet’s Solo Album

  1. Stone (Bad Girl)
  2. The Steamer (Lost In Hollywood)
  3. Bluesing (Love’s No Friend)
  4. Mars (Eyes Of The World)
  5. The Plod (Making Love)
  6. New York (Danger Zone)
  7. Once More With Feeling (All Night Long)
  8. Sparks Don’t Mean A Fire (No Time To Lose)
  9. Set Me Free

アングラ音源としてすっかり定着している[Down To Earth]のラフ・ミックス・テープの再登場盤。当サイトでは2002年の初登場盤[Down To Earth Rough Mix]を掲載しているものの例によってコメントをばっくれている上、2008年に登場した[Down To Earth Rough Mix Redux]に至っては掲載もしていない(まったく、ナチュラルに、自然に、忘れていたという年寄りの所業ヽ(;▽;)ノ)という体たらくですが、収録されている内容は素晴らしいものでした。

オフィシャルでこのラフ・ミックスが登場した時は、こちらのアンダー・グラウンドで知られていたミックスとは異なっていました。ゆえに、この音源のアングラ音源としての価値はまだ減じていません。本作のマスターは2分の1インチのオープン・リール・テープのようですが、「これが最後の再生」という触れ込みでリマスタリングされてのリリースとなっています。キッスのフェアウェル・ツアーと同じく、これからも何度も「最後の再生」がやってくるかもしれませんが(汗 、オフィシャルのラフ・ミックスしか聴いたことのないひとは、機会があればこちらのミックスも体験してみるといいかと思います。


Rising Rough Mix (Reissue)


ジャケット画像

Rising Arrow [061]
"Rising" Session February 1976

  1. Tarot Woman
  2. Run With The Wolf
  3. Starstruck
  4. Do You Close Your Eyes
  5. Stargazer
  6. Comin’ Home

アングラ音源としてすっかり定着している[Rainbow Rising]のラフ・ミックス・テープの再登場盤。マスターは2分の1インチのオープン・リール・テープのようですが、「これが最後の再生」という触れ込みでリマスタリングされてのリリースとなっています。キッスのフェアウェル・ツアーと同じく、これからも何度も「最後の再生」がやってくるかもしれませんが(汗、このミックスがオフィシャルで聴けるようになった現在、この音源を広く知らしめたのはアンダー・グラウンドであったことを忘れさせないためにも、この再登場は意義があったと思います(ホントか)


1987-03-10 [Blackmore Blues]


ジャケット画像

Men In Black [MIB 001]
London 10 March 1987

  1. Introduction
  2. Rhythm And Blues
  3. Tusla Time
  4. Johnny B Good
  5. I Got A Woman
  6. My Baby Don’t Stand No Cheating
  7. Blackmore Blues
  8. Talking About You
  9. Blue Suede Shoes
  10. Woman From Tokyo
  11. Trying To Get To You
  12. Mess Of The Blues
  • Jackie Lynton : Vocals, Guitar
  • Gordon Sella : Bass
  • Greg Wilson : Drums
  • Graham White : Guitar
  • Ritchie Blackmore : Guitar

1987年、再結成DPのイギリス・ツアー中にロンドンで行われたJackie Lyntonのギグにリッチーが参加した模様を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。Jackie Lyntonは1940年生まれのミュージシャンで、ディスコグラフィをみると1961年頃からシングルを出したりして活躍していた人です。1972年から1974年まで、サヴォイ・ブラウンに在籍していたこともあり、アルバムも残しています。1977年頃のRainbowのツアーで共演もしていたようです。

この録音が残された1987年、Jackie Lyntonはロンドンでのクラブ・ギグを精力的に行っていました。様々なミュージシャンをゲストに迎えてギグをレコーディングし、それらを集成して"Live In London"というアルバムをリリースしたそうです。……ジャケットとか見たことないんですが(汗 このリッチーとの共演も、そのようなJackie Lyntonの活動の中で実現したものでしょう。正式な録音は残っているのか不明ですが、このオーディエンス音源が残されていたことは幸運でした。Deep Purpleは、この共演の2日前に行われたバーミンガム公演でイギリス・ツアーの一連の日程を終えており、リッチーはロンドンへ赴いてこのギグに参加したことになります。

この録音の存在はオムニバスCD[By Request II]で断片的なトラックが収録されたことで知られるようになりました。その後、全長盤がCD-Rとして何度かリリースされてきていましたが、プレス盤はこれが初めての登場となります。狭い会場のためかハウリングが気になる箇所はありますが、バランスは良好で、それぞれのギター・サウンドの違いははっきりしているのでリッチーのプレイはすぐにわかると思います。ほとんどソロ・パートのみプレイしているようですが、スタンダード・ナンバーばかりのセッションはクラブ・ギグならではの雰囲気を十二分に楽しめるものです。


EU EMI [5099967955411] : [The BBC Sessions 1968 – 1970]


ジャケット画像

2011年11月にリリースされたボックス・セット。2枚のLP、2枚のCDをセットにしています。CDは単独でリリースされているものと同内容ですが、1枚づつ紙ジャケットに入れられています。LPはそれぞれ通常のシングル・ジャケットに、BBCトランスクリプション・サービスのジャケットを模したデザインのカスタム・インナーがついた豪華な体裁。レーベルはもちろん、BBCディスクを模したカスタム・レーベル。ブックレットはカスタム・インナーと同じデザインの表紙で、CDに添付されているものと同内容の記述がされた解説、CDよりも大判で見られるフォトの数々が素晴らしい仕上がり。LPの面割りは以下のとおりとなっています。

Disc 1 Side A

  1. Hush (Version One)
  2. One More Rainy Day
  3. Help
  4. And The Address
  5. Hey Bop A Re Bop
  6. Emmaretta
  7. Wring That Neck

Disc 1 Side B

  1. Brian Matthew Interviews Rod Evans
  2. Hey Joe
  3. It’s All Over
  4. The Painter (Version One)
  5. Lalena
  6. The Painter (Version Two)
  7. I’m So Glad
  8. Hush (Version Four)

Disc 2 Side A

  1. Ricochet
  2. The Bird Has Flown
  3. Speed King
  4. Jam Stew (Aka John Stew)
  5. Hard Lovin’ Man
  6. Bloodsucker
  7. Living Wreck

Disc 2 Side B

  1. Jon Lord Interview
  2. Black Night
  3. Grabsplatter
  4. Into The Fire
  5. Child In Time

ジャケット画像


JP Field Music QACT 30007/08 : [The BBC Sessions 1968 – 1970]


ジャケット画像 ジャケット画像

2012年1月にリリースされた日本盤。オリジナル盤の解説全訳と、Purple Collectionの著者である杉山武志氏が執筆されたライナーノーツが掲載された、充実したブックレットが添付されています。盤はPurple Recordsのレーベルを模したピクチャー・ディスク、CDトレイ部分には1972年のパリス・シアターでのステージ・フォトが使われています。


EU EMI [5099967955121] : [The BBC Sessions 1968 – 1970]


ジャケット画像 ジャケット画像

2011年11月にリリースされた、コンピレーション・アルバム。1968年から1970年にかけて行われた、BBCラジオのためのスタジオ・セッションで録音された音源を集大成した2枚組CDとなります。豊富な写真資料とともに充実した解説が掲載されている12ページのブックレット、BBCトランスクリプション・ディスクのレーベルを模したCDディスクなど、充実した仕上がりのパッケージ。

当アルバムに関しては、初めて聴いた日のツイッターで延々とつぶやいておりますので、そちらをご覧頂くのが一番手っ取り早いと思います。最初の20コくらいは適当な戯れ言なので無視してくださりませ(^^; てことで、収録曲は以下のとおり。当アルバムで初登場となるテイクに関しては太字で表示しておきます。

Disc 1

  1. Hush (Version One)
  2. One More Rainy Day
  3. Help
  4. And The Address
  5. Hey Bop A Re Bop
  6. Emmaretta
  7. Wring That Neck
  8. Brian Matthew Interviews Rod Evans
  9. Hey Joe
  10. It’s All Over
  11. The Painter (Version One)
  12. Lalena
  13. The Painter (Version Two)
  14. I’m So Glad
  15. Hush (Version Four)

Disc 2

  1. Ricochet
  2. The Bird Has Flown
  3. Speed King
  4. Jam Stew (Aka John Stew)
  5. Hard Lovin’ Man
  6. Bloodsucker
  7. Living Wreck
  8. Jon Lord Interview
  9. Black Night
  10. Grabsplatter
  11. Into The Fire
  12. Child In Time

[Rising Rough Mix Hidden Master]


ジャケット画像

No Label Credit No Number
"Rising" Session February 1976

  1. Tarot Woman
  2. Run With The Wolf
  3. Starstruck
  4. Do You Close Your Eyes
  5. Stargazer
  6. Comin’ Home

"Rising"アルバムのラフ・ミックスとして2002年に登場した音源の何度目かの再登場となります。当音源の詳細については各種サイトや雑誌等、参照可能な文献には事欠かないハズですし、"Deluxe Edition"として企画されているオフィシャル盤の中でも、当音源についてのヒントが何らかの形で示されることになると思いますし、個人的な見解については旧盤となる[Rising Rough Mix Definitive Edition]に書いてありますので、そちらを参照してください。

今回のリリースにあたり、再び新たにデジタル・データへの取り込みを行ったとされていて、音像もこれまでのディスクとは確かに異なったものになっていますが、これによって従来の評価が変わるようなことにはならないのではないかと思います。かつての[Rising Rough Mix Definitive Edition]では元データのダイレクト版とリマスター版に分けて、元テープのディティールを伝えようとしていたわけですが、今回のリリースは、一つのマスタリングで両者の長所を取り込もうとしているように思います。音圧は[Rising Rough Mix Definitive Edition]のリマスター・ヴァージョンより抑えめですが、音場の整え方は今回のディスクの方が聴きやすく、ダイレクト版で聴かれる原音の保たれ方も、今回の方が自然に聴こえます。もっとも、これらは比較してそう思えるかなー、程度のことであり、結局は「この音源に興味があるのなら、"Deluxe Edition"が出る前に、どのディスクでもかまわないのでとっとと聴いてしまえ」ということになります。たぶん、"Deluxe Edition"のリリース後には価値が変わる音源だと思います。それが良い方に変わるか、悪い方に変わるかは、"Deluxe Edition"の内容次第ですが(^^;